内覧に来てくれる人がいるけれど、なかなか売れない。そんな時の対処法は?

MENU

内覧者はいるのにマンションが売れない・・・そんな時は?

マンション売却,査定,内覧

内覧があったにも関わらず、断られてしまったという方はいますか?
内覧をするお客さんは、基本的にあなたのマンションに対して興味・関心を持っています。
それなのに断られてしまったということは、何か理由があるはずです。
例えば、

  • 想像していたよりも狭かった
  • 写真では見えなかったが、痛みが気になる
  • 近所の環境が気に入らなかった
  • 家族などに反対された

など、様々な事情があるでしょう。
もしも断られてしまった場合、あなたならどうしますか?
「じゃあ次の購入希望者を探そう」と、どんどん次にいくでしょうか。
そうではなく、まずは売却を任せている不動産の担当者に理由を聞き出してもらいましょう。
そうして改善できるものであれば改善するように努めましょう。

 

断られた理由が「想像していたよりも狭かった」場合

そのマンションには見合わない価格設定をしてしまっていたということになりますので、値下げをしてみましょう。

 

「写真では見えなかったが、痛みが気になる」場合

ご自身・または業者に頼んでリフォームやハウスクリーニングをしましょう。
少しの傷やシミなどであれば、思ったよりも簡単に修復することができます。

内覧の際に気をつけたいポイントとは

また、内覧の際に生活感は出来る限り出さないようにしましょう。
住んでいる状態で内覧する場合には、どうしても普段の生活感が出てしまうものです。

 

しかし、中にはそのような生活感を見てしまう事で、「新生活」というイメージを思い浮かべることができず、断ってしまうお客さんもいます。ですので、例えまだ住んでいる場合でも、内覧の日だけはモデルルームのような部屋に近づけるように努力しましょう。

 

内覧に向けての掃除ポイント
内覧を迎える前に、
・玄関
・リビング
・キッチンや洗面所などの水回り
・バルコニー(ベランダ)
以上の場所は念入りに掃除しておきましょう。
生活をする上で重要な場所ですので、しっかりとチェックするお客さんが多いです。

 

「近所の環境が気に入らなかった」「家族などに反対された」などが理由で断られてしまった場合には、残念ですが対処方法はありません。お客さんの感想・反応を見ながら、どうしても売れない場合には値下げを検討してみましょう。

《マンションが売れない時の対応》関連情報

マンション売却,査定,内覧

内覧があったにも関わらず、断られてしまったという方はいますか?内覧をするお客さんは、基本的にあなたのマンションに対して興味・関心を持っています。それなのに断られてしまったということは、何か理由があるはずです。例えば、想像していたよりも狭かった写真では見えなかったが、痛みが気になる近所の環境が気に入ら...

マンション売却,

「マンションがなかなか売れないので、値下げを考える」というのはごく一般的な考え方でしょう。しかし、何の計画も無いのにいきなり「100万円の値下げをします」となってしまっては、全く効果が現れないという事態にもなりえます。値下げをするベストなタイミングは、問い合わせの有無・内覧をしているかどうかいつまで...

マンションを売りに出しているのに内覧の希望や問い合わせが無い、という方はいますでしょうか。これが売りに出して1週間程度だったら問題はありません。しかし2~3週間経っているとしたら一度売却について見直す必要があるかもしれません。このような場合、以下のような状況に陥っている可能性があります。売却を任せて...