マンションがなかなか売れないときに考えるのは値下げ。どのように決めれば良いのでしょうか?

MENU

マンションの値下げのタイミング・値下げ額について

マンション売却,

「マンションがなかなか売れないので、値下げを考える」というのはごく一般的な考え方でしょう。
しかし、何の計画も無いのにいきなり「100万円の値下げをします」となってしまっては、全く効果が現れないという事態にもなりえます。

 

値下げをするベストなタイミングは、

  • 問い合わせの有無・内覧をしているかどうか
  • いつまでにマンションを売却したいか

などによってかなり変わってきます。

 

マンションの売却価格を決定する前に、大体で構いませんので値下げのタイミングを考えておくと後々楽でしょう。
なぜかと言うと、事前に決めておかなければ、いざ値下げをしようというタイミングになった時に迷いが生まれてしまうからです。

値下げ額の見極め方

では値下げ額はどのように決定すれば良いのでしょうか。実は、これには正解はありません。
いくら値下げするかは売却する本人次第です。

 

大事なのは値下げ額よりも「安くなったように錯覚させること」なのです。
これにはちょっとしたコツがありますので、解説していきます。

【A】5900万円 ⇒ 3800万円
【B】3780万円 ⇒ 3680万円

AとBはどちらも100万円の値下げをしていますが、何となくBのほうが「安くなった」と感じませんか?

 

これはマンション売却などの不動産に限った話ではなく、一般的な価格の設定方法として「~80円」「~90円」というように、十の位や百の位が7~9だと安く感じる、という購入側の心理を利用した値付け方法なのです。
マンションの売却額を決定する際には、このようなことに気を付けてみましょう。

 

また、価格帯の変動を意識することも大事です。
例えば、もしもあなたがマンションを買おうと思ってインターネットで検索する時、「3000万円代」「3000万円以内」というように探しますよね。

 

このような時、「4000万円のマンション」は検索結果に引っかかりません。
しかし、「3980万円のマンション」であれば、検索結果に現れるのです。

 

このように、たった20万円の値下げをするだけでも、買い手の目に止まる可能性が一気に高まるのです。
以上のような値付けのコツを使用するだけで、問い合わせなどが増えることでしょう。

《マンションが売れない時の対応》関連情報

マンション売却,査定,内覧

内覧があったにも関わらず、断られてしまったという方はいますか?内覧をするお客さんは、基本的にあなたのマンションに対して興味・関心を持っています。それなのに断られてしまったということは、何か理由があるはずです。例えば、想像していたよりも狭かった写真では見えなかったが、痛みが気になる近所の環境が気に入ら...

マンション売却,

「マンションがなかなか売れないので、値下げを考える」というのはごく一般的な考え方でしょう。しかし、何の計画も無いのにいきなり「100万円の値下げをします」となってしまっては、全く効果が現れないという事態にもなりえます。値下げをするベストなタイミングは、問い合わせの有無・内覧をしているかどうかいつまで...

マンションを売りに出しているのに内覧の希望や問い合わせが無い、という方はいますでしょうか。これが売りに出して1週間程度だったら問題はありません。しかし2~3週間経っているとしたら一度売却について見直す必要があるかもしれません。このような場合、以下のような状況に陥っている可能性があります。売却を任せて...