ずっと買い手が見つからない場合、マンション自体に需要がない可能性が考えられます。

MENU

売るマンションに需要があるかを再確認

マンションを売りに出しているのに内覧の希望や問い合わせが無い、という方はいますでしょうか。
これが売りに出して1週間程度だったら問題はありません。
しかし2~3週間経っているとしたら一度売却について見直す必要があるかもしれません。
このような場合、以下のような状況に陥っている可能性があります。

売却を任せている不動産屋に問い合わせが少ない

その地域自体に興味のあるお客さんがいない

あなたが売りに出しているマンションも需要がない

こういった問題は高齢化・過疎化が進んでいる地域などでよく見られます。
また、学生向けのワンルームなど単身者向けマンションが多い地域で、広々とした家族向けのマンションを売りに出したりしても似たような事態が起こります。

マンションに内覧や問い合わせがない場合の対処方法

ではこのような問題が起こってしまった場合どうすれば良いのかというと、

  • 粘り強く買い手が現れるのを待ってみる
  • 相場よりも値下げして、値段で勝負してみる
  • 売るのを諦める

以上のような方法くらいしか残されていません。

 

しかし、2つ目の「相場よりも値下げして、値段で勝負してみる」という方法については、あまりにも値段を下げ過ぎると「このマンション、もしかして事故物件・・・?」というようなあらぬ誤解を招いてしまいますので、ほどほどにしておきましょう。

 

もし専任媒介契約をしているようでしたら、自分で買い手を探すのも1つの手でしょう。
親戚・知り合いなどに自分で営業をかけてみましょう。

 

基本的に中古のマンションを売却するために重要視すべきなのは「マンションに見合った値付け」「その地域で必要とされているマンションかどうか」ということです。一度、自分のマンションをよく見直してみましょう。

《マンションが売れない時の対応》関連情報

マンション売却,査定,内覧

内覧があったにも関わらず、断られてしまったという方はいますか?内覧をするお客さんは、基本的にあなたのマンションに対して興味・関心を持っています。それなのに断られてしまったということは、何か理由があるはずです。例えば、想像していたよりも狭かった写真では見えなかったが、痛みが気になる近所の環境が気に入ら...

マンション売却,

「マンションがなかなか売れないので、値下げを考える」というのはごく一般的な考え方でしょう。しかし、何の計画も無いのにいきなり「100万円の値下げをします」となってしまっては、全く効果が現れないという事態にもなりえます。値下げをするベストなタイミングは、問い合わせの有無・内覧をしているかどうかいつまで...

マンションを売りに出しているのに内覧の希望や問い合わせが無い、という方はいますでしょうか。これが売りに出して1週間程度だったら問題はありません。しかし2~3週間経っているとしたら一度売却について見直す必要があるかもしれません。このような場合、以下のような状況に陥っている可能性があります。売却を任せて...