マンションには何人も買い手が現れるわけではありません。売りそびれないために、心掛けておきたいことを紹介します。

MENU

マンションを売りそびれないために考えておきたいこと

マンション,売却,売りそびれ

マンションを売りに出したらすぐに問い合わせがあった!
このような場合、どうしても「すぐに問い合わせが来たという事は、他にもより良い条件で購入してくれる人がいるのではないか」と考えてしまいがちです。
その結果、最初に問い合わせてくれたお客さんを断ってしまったりするパターンも。
もしこのような状況になった場合、一度よく考えてみてください。

買い手が現れたことは幸運なことと考える

近年、マイホームを持つ人が減少しています。
「マンションは賃貸でいいや」という方が増えてきているのです。

 

そのような中で、あなたのマンションに興味を持ってくれたということは非常に幸運と言えるでしょう。
しかしすぐに買い手が現れると、先ほど述べたように「より良い条件の人が・・・」と考えてしまい、売却を迷ってしまうこともあるかもしれません。

 

ですが、マンションというものは基本的に売りに出してからは反応が鈍くなってしまう一方です。
むしろ長く売りに出されていればいるほど、「何か悪い理由があって売れないのでは?」というイメージを与えてしまう可能性があります。

 

その結果、買い手が現れる可能性は減少してしまいます。
こうなってしまうと結果的には値下げをするしかなくなってしまいます。
そうして価値に見合わない価格で販売することになってしまうという事にもなりかねません。

最初のお客さんに売却することが賢い選択

また売りに出す期間が伸びれば伸びるほど、余計な費用も掛かってしまいます。
例えば、ローンが5万円・管理費や修繕積立金で1万円・固定資産税の1万円を毎月払っていたとしたら、売却が1ヵ月遅くなるだけで7万円の費用が掛かってしまう事になるのです。

 

最初に問い合わせをしてくれたお客さんを断った結果、次に問い合わせがあったのは半年後だった。と、このような場合には42万円もの費用が掛かってしまいます。このようなリスクを考えると、基本的には最初に現れたお客さんに売却を考えるのが最も賢い選択だと言えるでしょう。

  • 最初に現れたお客さんに売却する(場合によっては値下げも)
  • リスクを承知で、更に良い買い手が現れるのを待つ

どちらを選ぶかはあなたの自由ですが、出来る限り確実な方法を選んでいきたいものです。

《売却の際の交渉術》関連情報

マンション,長所,アピール

どのようなマンションにも長所と短所が存在します。「立地や間取りは完璧だけど、値段が高い」「値段は理想的だけど、立地がちょっと・・・」というように、完璧なマンションはほぼありません。マンションを売りに出してなかなか問い合わせが来なかったりすると心配になってしまいます。しかしすぐに買い手が決まってしまう...

マンション,売却,値下げ

おそらくほとんどの人はマンションを売却しようと決めた時に、出来る限り、4000万円以上で売りたい・・・3000万円以下では絶対に売らないというように、おおよその「販売希望価格」を決定したと思います。しかし残念なことに、その希望価格で実際に売却できることはほとんどありません。このように書くと「3000...

マンション,売却,売りそびれ

マンションを売りに出したらすぐに問い合わせがあった!このような場合、どうしても「すぐに問い合わせが来たという事は、他にもより良い条件で購入してくれる人がいるのではないか」と考えてしまいがちです。その結果、最初に問い合わせてくれたお客さんを断ってしまったりするパターンも。もしこのような状況になった場合...